腎臓病,食事,宅配

あなたが調べている腎臓病食事宅配サービスのお役立ち情報を丁寧に説明している特別なサイトです。これ以外にも、あなたに是非知ってほしい腎臓病食事宅配サービスの重要な情報も掲載しております。いち早くアクセスすることをお薦めします。
ホームボタン
野菜を茹でる事でカリウムは減らせる

野菜を茹でる事でカリウムは減らせる

カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いましょう。

茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、食材の品目や調理時の処理時間や形状・水量により違いが出ます。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。

細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、搾るようにすると、より多く除去できます。腎臓病を発症すると糸球体に影響が出て血流が悪くなり、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。

この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内に加算されていきます。

このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症の原因となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。そのため食事療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を維持することが必要なのです。人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。

体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質については性質上分解されると7〜8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、腎臓に負荷が及びます。

この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要がありますね。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分で捉えれば30〜40g程と言えます。

クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓に達してろ過された後尿中に排出されます。クレアチニン量は、個人の筋肉や運動量に付随します。

なので、通常男性の方が高めの数値になっています。

筋肉が衰えてくると、クレアチニンの量も減少します。

また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニンの度量が多くなるため、本来の値よりクレアチニン量が低下します。腎臓病における食事療法の意味合いは、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、健康体のキープとされます。

人工透析が必要無い保存期の間は、食事療法次第で腎不全への進行を遅らせることができ、結果として人工透析の導入時期を遅らせられます。更に言えば、人工透析開始後も、できるだけ健康な状態で人工透析を行っていく上で、食事療法は大きな意味を持ちます。

食事を元にして得たたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、いくらかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓でろ過され、残った老廃物は尿といっしょに体外へ出されます。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。

腎機能を損なわないためにも、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。

けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、一定値は摂取しないといけません。浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、塩分と水分の制限を設ける必要性が出てきます。この際の制限の定義としては、飲み水の他、食品に含まれる水分量も含めます。

浮腫がなかったり軽い場合は塩分の制限のみで済みます。

この場合の水分制限は病気の状態や尿量により医師が判断します。

脱水は腎臓機能を悪化させる要因になるので自分勝手な制限はしてはいけません。腎臓病に罹っても食事療法を厳守すれば、余分な毒素や老廃物を追い出しやすい体質に変わります。

老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の進行を遅らせることが出来ます。

とってもの精度で効力が発揮されれば、腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせられるようになります。

食事療法が難しいと言いますが、これは制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法は、患者が自ら意欲的に努められる最善克つ最短の治療手段なのです。

肉や魚・卵・豆類にはたんぱく質が多く含まれており、食べ過ぎてしまう食品でもありますので注意が必要です。

甘い味付けの食べ物には思ったよりたんぱく質が多く入っているのです。

おやつの種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、たんぱく質の過剰摂取になります。

例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個相当のたんぱく質が入っています。

腎臓病と格闘する方に有用な、たんぱく質の少な目な特殊食品が売られています。

これらをうまく活用するのが長つづきのコツです。

腎臓機能が下がっていくに従い、より厳正に食事を管理しないとならない状況に陥ります。

加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値を維持するに当たり、エネルギー量にも制限が生じます。

個人の見解で判断するのではなくて、栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。

参考サイト:

Copyright (C) 2014 腎臓病食事宅配の口コミで人気の会社と冷凍弁当を3アイテム選んでみました! All Rights Reserved.